スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-------- --:-- | スポンサー広告
ブラジルの人、聞こえますかー?
20070708031330.jpg
070708_0352~0001.jpg
殿さまキングス
ブラジル音頭/おめでた音頭
1983年発売

ブラジルのダンスミュージックといえば、サンバ、
ニッポンのダンスミュージックといえば、音頭、
そして、その2つをニッポンの独断と偏見で、融合したのが、
殿さまキングス「ブラジル音頭」です。

もっそゆる~いサンバに乗せて、ブラジルを歌う殿キンなんですが、
生まれてきたのは、踊るため、
仕事をするのも、踊るため、
あれこれ苦労も、踊るため、
と、ブラジル人はあたかも踊るために生きているかのような言い分。
しかも、合いの手は、「リカリカ!!」と「イパイパ!!」
サビは、「イパイパ イパネマ リカリカ リベリカ サンパウロ」
と、にんともかんとも。

でも、酔っ払ってネクタイを頭に巻いたニッポンのサラリーマンが、
リオのカーニバルに迷い込んだ感じの、めでたい雰囲気が、
曲全体に良く出ているので、終始、笑顔で聴く事ができます。

民謡レコードの例にもれず、見開き部分には、踊りの振付けが、
写真付きで載っているんですが、サンバでも音頭でもなく、
左右に揺れながら、そして回りながら、
蛍光灯のひもを引っ張っているだけにしか見えません。

こんな楽しい円盤、みなさんも一度聴いてみて下さいね。


スポンサーサイト
2007-07-08 04:03 | ニッポン民謡 | Comment(0) | Trackback(0)
Comment
コメントを書く
#

管理者にだけ表示
Trackback
Trackbak URL:http://machobolic.blog110.fc2.com/tb.php/8-bd06d918
10
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。