スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-------- --:-- | スポンサー広告
怪しさとマッチョと横分けとっくり
20070704020057.jpg20070704020140.jpg

城 健二
日本マル秘演歌集
1972年?発売

何だこいつは!!
裸で考え事。パーでマル秘。
と、モーレツなジャケットに、迷わず購入してしまった、
城健二「日本マル秘演歌集」です。

さぞかし怪しい唄の数々を唄っているんだろうと思いきや、
曲目は、ツーレロ節、お座敷小唄、ズンドコ節、夢は夜ひらく、など、
知ってる曲ばかり。

実際、針を落としてみると、詞は確かに現代風にアレンジしてあるものの、
曲は、ごくごく普通で、全体的に期待はずれの感あり。
ただ、軍隊小唄だけが、妙にノリノリアレンジで、
のりノリ天国世代としては、ノリノリだけには弱いので、
この曲だけは乗らずにはおれませんでした。

軍隊小唄と書くとピンと来ませんが、ドリフでお馴染みの、
「ほんとにほんとにご苦労さん」です。
城健二の声は、仲本工事の声に似ていて、
曲のアレンジもドリフ版と似ているので、
「ほんとにほんとにご苦労さん」を仲本工事がソロで唄っていると、
想像していただければ、少しは聴いた気分になれ・・・ませんね。

発売元である、日本ビクターは、この時、
内山田洋とクールファイブと藤圭子が売れっ子だったため、
マル秘とは、もしかして、城健二のこと!?


スポンサーサイト
2007-07-04 03:11 | 男男男 | Comment(0) | Trackback(0)
Comment
コメントを書く
#

管理者にだけ表示
Trackback
Trackbak URL:http://machobolic.blog110.fc2.com/tb.php/6-dbd1b5f3
08
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。