スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-------- --:-- | スポンサー広告
ボサノバッハ
barock.jpg






 渡辺貞夫、宮沢昭
 ラテン・バロック・コレクション
 1968年発売

渡辺貞夫&宮沢昭の2フルートを中心に、
前田憲男と八木正夫(編曲・ピアノ)、中牟礼定則(ギター)、
松本浩(ヴァイブ)、滝本達郎(ベース)、猪俣猛(ドラム)、
納見義徳、山口靖、川原正美、川原実(ラテン・パーカッション)、
という豪華過ぎて何も言えねえ面子が、
バッハの名曲を、ボサノバ アレンジでやってしまうという企画盤。

さらに、10曲中4曲に、伊集"スキャット"加代子が参加、
と、ジャズ好き、ボサノバ好き、イージーリスニング好き、
皆に好かれそうな好内容です。

大半がボサノバアレンジながら、1曲だけ、
"前田憲男編曲のアフロ・ジャズ的リズム"
と解説にある「トッカータとフーガ ニ短調」が、
異彩を放っていて好き。

スポンサーサイト
2014-01-24 19:54 | ジャーズー | Comment(0) | Trackback(0)
Comment
コメントを書く
#

管理者にだけ表示
Trackback
Trackbak URL:http://machobolic.blog110.fc2.com/tb.php/358-56b87ea5
06
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
--
>>
<<
--
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。