スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-------- --:-- | スポンサー広告
ブレインポリスの闇歌謡
浜村 1浜村 2

浜村美智子
バナナ・ボート
1973年発売


今回ご紹介するのは、
「デーーーオ  ヒデーーーオ  ノモガナーーーゲレバ  ダイジョーーブー」
の、野茂のテーマでおなじみアルベルト城間率いるディアマンテスの・・・
ではなく、その原曲「バナナ・ボート」を1957年にカバーし
ヒットさせた浜村美智子さんです。

一度引退して、1972年に復帰後、発売されたこの円盤では、
シングルカットされているエンヤコーラ歌謡「男のためなら」や、
オッチョンジー歌謡「黄色いシャツ」もオススメなんですが、
収録曲中、ひときわ悪(ワル)オーラを放っている
「女は影でほくそ笑む」に注目です。

ドゥードゥードゥーという重々しいベースの音から
ホッ!!という掛け声ののち、ピョ~とオルガンが鳴ったかと思うと、
その後ろでドリフターズ第6の男 すわしんじが放つ「クヮ~~~」のような
怪音が響くという始まりに度肝を抜かれていると、

「女を信じる?愛に生きる?女をだました?俺はもてる?
 馬鹿を言っちゃいけないよ 女は嘘に生きる豚さ
 影でこっそり ほくそ笑むのさ」
と、昼ドラ顔負けの女のダークサイドをさらけ出す闇歌謡。

驚きと納得の作詩・作曲は、頭脳警察。


スポンサーサイト
2008-05-19 17:43 | 女女女 | Comment(0) | Trackback(0)
Comment
コメントを書く
#

管理者にだけ表示
Trackback
Trackbak URL:http://machobolic.blog110.fc2.com/tb.php/28-9a51b82d
10
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。