スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-------- --:-- | スポンサー広告
変狂グルーヴ
mazura 1





交楽竜弾
胸のつり鐘/まんずら節
1967年発売
mazura 2





交楽竜弾
ボケボケ/クロッキー
1971年発売

歌謡曲好きというよりは、
辺境グルーヴ好きの方にオススメしたいのが、
交楽竜弾(まずらりゅうだん)。

1967年発売の「胸のつり鐘」は、
山内喜美子の京琴で始まる3分間のガレージラヴビート。
「あの娘だけが 俺の胸の つり鐘を 鳴らせる奴だ
 ディン ドン ディン ディン ドン ディン♪」
歌詞だけ見れば、十代のGS青年が歌ってそうですが、
ギラギラしたモヒカンのおっさんが歌っちゃったから、
声から性欲が漏れ出して、最高です。
Side Bの「まんずら節」では、
恋に狂って、ヒャーとかホイホイとか言い出します。

狂った結果、和モノDJイベントではおなじみの
「ボケボケ」('71)では、日本語で歌うことすらやめてしまい、
「チャナボニ チャナビリ チャナボケタ」やら
「チャンチャナビニチャナッピー」などと言い出し、
高まっては「ボケボケー!!」と咆哮する始末。
しかも演奏が超ノリノリ♪

スポンサーサイト
2013-10-27 19:03 | 男男男 | Comment(0) | Trackback(0)
Comment
コメントを書く
#

管理者にだけ表示
Trackback
Trackbak URL:http://machobolic.blog110.fc2.com/tb.php/278-a8537cb1
11
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
--
>>
<<
--
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。