スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-------- --:-- | スポンサー広告
不良バンジョー
outlow 1
大野義夫と
カントリーエース
柴田のり子、トニー仲吉
MUSIC IN OUTLAW
1972年発売
outlow 2

このサムシングを感じさせるジャケット、
これをレコ屋で見つけてスルーするほど鈍感ではありません。

期待に胸をふ~くらませて、いざ聴いてみると、
予想外の見えないパンチを食らい、落ちそうになりました。

トニー仲吉が唄う、
原田芳雄主演の「無宿人・御子神の丈吉/牙は引き裂いた」の主題歌
「星・遠い日々」「過去なき男」の2曲と、
川のせせらぎと鳥のさえずりのみをBGMに
柴田のり子が口ずさむ「やさぐれた日に」
ま、この3曲は想定内だったんです。

しかし、それ以外の全てを担っていたのが、
なんと、大野義夫とカントリーエース。
そう、まさかのまさか、ヤクザ物をカントリーでやっちゃってます。
「網走番外地」「座頭市」「番長数え唄」「緋牡丹博徒」などを
ど・カントリーではなく、コワモテ風ではやっているものの、
要所要所で顔を出す、バンジョーとフィドルによって、
一気にのどかな空気になる始末。
やさぐれ度0です。

でも、99%失敗すると分かっていながら、
とりあえずやってみるエスパー伊東のような、
東宝の無邪気なチャレンジ精神が生んだ、
愛すべき珍盤だと思います。


スポンサーサイト
2009-07-30 01:07 | サントーラ | Comment(0) | Trackback(0)
Comment
コメントを書く
#

管理者にだけ表示
Trackback
Trackbak URL:http://machobolic.blog110.fc2.com/tb.php/163-c8a1eaee
10
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。