スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-------- --:-- | スポンサー広告
アントニオ ディスコ
antonio 1
アントニオ古賀
オーレ!アントニオ
1979年発売
antonio 2

「ア ン ト ニ オ ディスコ ア ン ト ニ オ ディスコ
 ア ン ト ニ オ ディスコ ア ン ト ニ オ ディスコ、コ、 コ 、コガ!!」
と、Perfumeのキラキラエレディスコ「チョコレイト ディスコ」の
替え歌で歌ってしまいましたが、
アントンが歌うのは、ギラギラエロディスコです。

「コーヒールンバ」のドラッギーなカバー「クスリルンバ」で知られる
アントンですが、芸能生活20周年記念・第2弾のこの作品では、
ギターインストに加え、中南米を取材旅行して生まれた、
オーレ!気分な曲の数々に度肝を抜かれます。

1曲目のタイトルが「TAKA TAKATA」。
ジプシーキングスなイントロギターに、どんな曲かと期待していると、
「タカタカタカタカタカッタン! タカタカタカタカタカッタン!」
って、え?
「ウン タカ ポポンポン ホホホ ゆれる胸
 ウン タカ ポポンポン ホホホ ゆれる腰」
もう想像を遥かに超えた歌詞で、アニマル浜口も真っ青です。
このあと、タカタカ ホホホ を男女の高まりに合わせて、繰り返します。

他にも、3曲目「踊り狂え」では、
乾裕樹 作編曲の疾走アーバンディスコに乗せて
「ピュアでビビッド 女のルージュ 太いビートを ふるわせる
 パンチ一発 男の力 強烈ボルトのハリケーン」
と、オーレ!なアントンは、もうギンギン。

この2曲で、お腹いっぱいなんですが、
続くゆったりディスコビート「Ah! LaLa」でも、
キャミソールがずれ落ちてトップレスになったエロ姉ちゃんを見て、
「アラララ アラララ アラララ アラッ!!」
と、ゲンゴキなエロアントン。

アントンという名の男には、かないません。


スポンサーサイト
2009-05-16 02:04 | 男男男 | Comment(0) | Trackback(0)
Comment
コメントを書く
#

管理者にだけ表示
Trackback
Trackbak URL:http://machobolic.blog110.fc2.com/tb.php/151-314945ce
10
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。