スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-------- --:-- | スポンサー広告
行かされ天国
20070715021623.jpg20070718013516.jpg
20070715021653.jpg歌=原装子
ナレーション=渡辺典子
イラスト=益山ひろし
ポルノファンタジー 愛しすぎて男を天国へ行かせた女の話
1971年発売

さて、今回ご紹介するのは、ジャケット、タイトル、内容、
全てにおいて、エロチカ天国な円盤
「ポルノファンタジー 愛しすぎて男を天国へ行かせた女の話」です。

「愛した男はみんな 天国へ行ってしまった
    私だけが今日も 男が来るのを待っているー」
という、原装子のつぶやくような歌い始めから一転、
コミカルエロゴーゴーと化すタイトル曲から始まります。
骨までしゃぶるつもりも、なにもかも吸いとるつもりもないのに、
つくせばつくすほど、男は痩せて痩せて、天国へ行ってしまう。
そんな、やりすぎガールの前に突然、お経ガールズが現れ、
お線香一本、お線香二本三本、四本五本、まとめて十本!!
と、木魚を叩きながら迫るという、そうとうけったいな曲です。
でも、踊れたりします。

また、「おとことおんな」という曲では、
おんな、おとこ、そして二人の365日を歌うのですが、
それぞれの365日は、
おんな(ミニ スケスケ ホットパンツ ノーブラ パンスト シームレス
    口紅 マニキュア つけまつげ もだえ はにかみ しなるゆび)
おとこ(ニラ ニンニク ちょうせん漬 トロロ 牛乳 なまたまご
    うなぎ スッポン たぬき汁 ひやあせ とまどい あぶらあせ)
 二人(カギ 鏡台 ダブルベッド ネグリジェ 香水 はねぶとん
    ジュータン 天井 サイドランプ カーテン くちづけ ゆれる影)
だそうで、これらを、ワーオ、ウ~ン、を随所に入れる
合いの手ガールズをバックに、唄っております。

それぞれの曲間には、エロナレーションも挟まれる、
非常に楽しいエロティック円盤となっておりますので、
みなさんも聴いてみて下さいね。


スポンサーサイト
2007-07-18 01:43 | 女女女 | Comment(0) | Trackback(0)
Comment
コメントを書く
#

管理者にだけ表示
Trackback
Trackbak URL:http://machobolic.blog110.fc2.com/tb.php/15-74f034cb
07
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。