スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-------- --:-- | スポンサー広告
男や、男、男寄って来んかーい!!
20070715021752.jpg

大木康子
港まつりの夜はふけて/雨の終着駅
1972年発売

今回ご紹介する円盤は、季節的にもばっちりな、
大木康子「港まつりの夜はふけて」

夜はふけてどうなるかというと、眠れそうにないんです。
なぜ眠れそうにないかというと、男に声を掛けられたからなんです。
つまり、そうなんです。

詳しい説明は、阿久悠の詞を見て下さい。

「誰かが好きと誘いに来たら 今夜は燃えてあげてもいいわ
 男の声がかからぬようじゃ 女をやめてしまうがいいよ
 おいで踊り上手ならば それですべていいのさー」
「やもめが長いキャプテンなんか ばっちりいいよ 酒場へ行こう
 うなじが青い坊やもいいわ あとからそっと広場へ行こう
 おいでキスが上手ならば それはにくいおまけさー」
そ・し・て・
「みーなとまつりの夜はふけてー、眠れそうにないー
 みーなとまつりの夜はふけてー、とても気分はごきげんさー」

よし、港まつりへ行こう。


スポンサーサイト
2007-07-16 01:10 | 女女女 | Comment(0) | Trackback(0)
Comment
コメントを書く
#

管理者にだけ表示
Trackback
Trackbak URL:http://machobolic.blog110.fc2.com/tb.php/13-1cb346d6
10
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。