スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-------- --:-- | スポンサー広告
YES, WE CAN.
yanmar.jpg

SIDE A
下田健二
ひきうけました
ヤンマー建設機械の唄

SIDE B
中森孝子
ヤン坊マー坊の唄
197?年


SIDE Bは、ニッポン全国民におなじみ、
「小さなものから 大きなものまで 」
の、ヤン坊マー坊の唄ですが、
今回、ご紹介したいのはSIDE Aの「ひきうけました」です。

曲調は、「ワカサダヨ、ヤマチャン!!」の
パツキン女の台詞でおなじみ、
サントリー「純生ドドンと音頭」の部類に入る音頭調ですが、
タイトルがヤンマーイズムを全て表現しているように、
下田健二が、ヤンマー建設機械の前向きさを
男衆とともに、手拍子打ち打ち唄い上げています。

「あの道 あの川 YES,WE CAN. ←(実際は、ひきうけましたと唄っています)
 あのビル あの街 YES,WE CAN. ←(     同上     )
 仕事はなんでも YES,WE CAN. ←(     同上     )      」

この時点で、しびれますが、2番が終わるやいなや、
「ヤンマー太鼓で ぶっ飛ばせー!!」
の男衆の掛け声で、和太鼓乱れ打ちかーっ!!と思わせて、
「とんとんとん ととんととん」
て、ワオッ!! ソフトタッチ!!

こんなソフト和太鼓ブレイクビーツも収録の
「ひきうけました(英題:YES,WE CAN.)」
ぜひ天気予報のバックで流してもらいたいです。


スポンサーサイト
2008-12-07 00:58 | サントーラ | Comment(2) | Trackback(0)
Comment
素晴らし過ぎる、いつも感動さえ覚える円盤たちです。
一体どこで調達するんですか? 本を出版して欲しいくらいですよ。
これからもドンドン紹介して下さい、期待してます。
せっかく円盤の形になったのに、人知れず年々姿を消していく、これらの円盤たちの唯一の陽の目をあびる場所として、こちらは貴重なワールドだと思っています。
喫茶風街 2008/12/10(水) 23:19:55) 編集

>喫茶風街さん
いつもありがとうございます。
このあたりの物は、当時は宣伝用非売品だったようですが、
中古レコード屋さんなどで、たまに売っていたりします。
こういった物ばかりを集めているコレクターの方もいらっしゃるようです。
私は、気が多く、色々ちょこちょこと集めているので、
少ししか持っていませんが、そういった本があったら私も欲しいです。

やまのぼる 2008/12/11(木) 00:15:59) 編集

コメントを書く
#

管理者にだけ表示
Trackback
Trackbak URL:http://machobolic.blog110.fc2.com/tb.php/128-0e8798b0
08
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。