スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-------- --:-- | スポンサー広告
白鳥のフォーム
punchout 1

トミーCMソング
SIDE A
渡部玲子
アタック!
パンチアウト ボーリング
SIDE B
ピート・マックJr.
トミカの世界
1971年
パンチアウト 2パンチアウト 3

1970年に発売されたトミーのミニカー「トミカ」(全部カッコいい!!)
その翌年に発売されたボーリングゲーム「パンチアウトボーリング」
この2商品のCMソングを両面に収録したフォノシート。

当時の狂気のようなボーリングブームの乗って発売されたゲームなので、
ジャケットは、石井利恵さんです。
エポック社「パーフェクトボーリング」の中山律子さんへの対抗策でしょうか。

それはさておき、曲が素晴らしいんです。
アタック!とタイトルにある通りのガッツな曲調で、1番では、
「フックボール! ヘッドピン! ポケットヒット! ストライク!! 
 きみの命をぶっつけろ」
と、激を飛ばされますが、2番では、
「ナイスカバー! グッドスペア! ダブルターキー! Vサイン!!」
と、熱く褒めてくれる、松岡修造型のアメとムチソングです。

そしてそして、B面の「トミカの世界」がさらに最高な曲で、
ピートマックJr.こと藤原喜久男が、
サム&デイヴの「SOUL MAN」に似た楽曲をバックに、
「トミカ」という単語だけを、英語っぽくとか、短くとか、溜めてとか、
色んな叫び方で、ずっとシャウトしています。
たまに「コニタン」て聴こえるくらい。

ただ、この曲には1点だけ難があり、音がアホみたいに悪いんです。
「お母さん、ちょっと静かにしといてー」
と言って、テレビの音をラジカセで録音したような音です。
よーく耳を澄まして聴くと、
「はよ、お風呂入りやー」
と、遠くで言う声が入っています。
嘘です。


スポンサーサイト
2008-11-18 01:21 | サントーラ | Comment(2) | Trackback(0)
Comment
どこまでも、マニアックな円盤達ですねぇ、凄過ぎですよ。
この路線でずっと続けて下さい、楽しみにしていますので。
喫茶風街 2008/11/18(火) 23:25:16) 編集

>喫茶風街さん
こんばんは、いらっしゃいませ。
コメントありがとうございます。
いつも変なのばかりで、何かすみません。
こんなのしか持ってないので、
あまり期待せず、見て下さいね。
また、いつでもいらして下さい。
やまのぼる 2008/11/19(水) 00:39:17) 編集

コメントを書く
#

管理者にだけ表示
Trackback
Trackbak URL:http://machobolic.blog110.fc2.com/tb.php/126-3095252c
06
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
--
>>
<<
--
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。