スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-------- --:-- | スポンサー広告
自由通りの人々
jiyuu 1



アイ・ジョージ
自由通りの午後/
プリティーエンゼル
1971年発売
jiyuu 2



ピース・シティー
自由通りの午後/
バラの花のあなたに
1972年発売

S-KENこと田中唯士作曲のフォークロック「自由通りの午後」を
1971年にアイ・ジョージが歌い、
その年の紅白歌合戦に出場するというプチヒットを記録。
その翌年、田中唯士が自らのグループ、ピース・シティーで同曲を発表。

他人に提供した曲を、あとから作者本人が歌うというのは、
今もよくあることですが、どっちバージョンが好きかは、
好みが分かれるところです。

ピース・シティー・バージョンは、本人たちが編曲し、
5人という人数を活かしたコーラスも入るヤングな印象。
対して、アイ・ジョージ・バージョンは、
編曲に元リンド・アンド・リンダースの加藤ヒロシを迎え、
アイ・ジョージの野太さを前面に押し出した毛深い印象。

どっちがお好みですか?

私は、言うまでもなく、
抜群のジャケット・デザイン、弾くのではなく、
殴るというのが本来の使用法であるかのようなギターの持ち方、
なぜか裸足、
そして、何より作品から溢れ出る加齢臭(別名フェロモン)が
尋常じゃない、アイ・ジョージ盤に1票!!


スポンサーサイト
2008-10-22 20:22 | 男男男 | Comment(4) | Trackback(0)
Comment
尋常じゃないアイジョージとか、ンも~~~~~~
だじゃれやん~~~。
ジンジョージ。

ピースシティ、持ってるんやー
あんた地味に集めてんなぁ~~~(笑)
たなちえ 2008/10/23(木) 23:03:29) 編集

>たなちえ
そのダジャレ、気付かんかった。
無意識にダジャレを挟み込めるくらい、
ダジャレが身体の一部と化したかと、感慨深いです。

ピースシティーのもう一枚の柿のジャケのは持ってません。


やまのぼる 2008/10/23(木) 23:51:39) 編集

こんばんは。
更新をまだか、まだかと待っていました。
ピース・シティーとは、ヤラレましたよまた。
渋過ぎますねぇ、オレは下記のジャケットの方を持ってます。
ただ、あまり聴きませんけどね。
S-KENの東京ロッカーズ時代はかなりの好みなので頻繁に聴いてます。
喫茶風街 2008/10/24(金) 00:14:45) 編集

>喫茶風街さん
テキトーな更新で、どうもすみませんです。

ピース・シティーは、「僕は今ひとり」の佐藤健さんや
増尾元章さんもいたりして、凄いグループなのに、
なんでアルバム残さなかったのか不思議ですねー。

東京ロッカーズのS-KEN、ミラーズ、フリクション、
リザード、ミスター・カイトなんかは、
通っていれば、凄い影響を受けたであろうとは思うんですが、
残念ながら、今のところ、その辺りにはうといです。

やまのぼる 2008/10/24(金) 00:37:29) 編集

コメントを書く
#

管理者にだけ表示
Trackback
Trackbak URL:http://machobolic.blog110.fc2.com/tb.php/118-f162bf13
11
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
--
>>
<<
--
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。