スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-------- --:-- | スポンサー広告
僕の歌は君の歌
mao elton





MAO
ONE FOR ELTON JOHN
1971年発売




いよいよ明日、4月28日(日)に迫った、
「レコ部の、お世話になっております。徳島編。」
当日料金より300円安いうえに、
冗談伯爵のお二人の選曲によるMix CDまで貰えちゃう、
前売メール予約は、ギリッギリまで受け付けておりますので、
ご来場予定の方は、boruyamano@mail.goo.ne.jp まで、
ご連絡下さいませ。

本日の円盤、マオの「ONE FOR ELTON JOHN」を聴きつつ、
日曜夜のレコードパーティのイメトレをしております。

この作品、タイトルからも分かる通り、
エルトン・ジョンの日本語カバーアルバムです。
もう1枚のマオの作品「僕を呼んでおくれ/マオ・ファースト」や、
マオがボーカルを務めた「海賊キッドの冒険」と比べてしまうと、
かなり薄味の印象になってしまいますが、
マオの声が好きな私には、たまらん作品です。

日曜日のパーティでは、オープンの午後9時から1時間という、
お客さんがまだ少ない時間の出番なので、
このあたりの曲なんかもかけたいな、と思っております。

何はともあれ、お客様には、
常盤響さん、前園直樹さんの、選曲によるおもてなしを
存分に楽しんで頂きたいと思います。

それでは、日曜日、soulsauce bar BUMPで、
お待ちしております。

『レコ部の、お世話になっております。徳島編。』

日時:2013年4月28日(日、祝前日)
午後9時より午前2時頃まで
(終演時間は若干延長となる場合がございます)
会場:soulsaucebar BUMP(徳島県徳島市栄町1丁目73)
DJ:常盤響/前園直樹/やまのぼる
ライヴ:前園直樹
出店:LOVE SHOP RECORD
料金:前売2000円/当日2300円(共に1ドリンク付)
前売予約:boruyamano@mail.goo.ne.jp

* ご来場記念:ミックスCD最新作
『お世話になっております。2013年4月。』
(選曲:前園直樹+新井俊也/非売品) を、
ご予約者優先で進呈いたします。
* 数に限りがございます。あらかじめご了承ください。

osewa 1
osewa 2


スポンサーサイト
2013-04-27 02:32 | 男男男 | Comment(0) | Trackback(0)
サルサルサ
bonita.jpg



エリアナ
サルサ・ボニータ
/情熱のセレナータ
1980年発売





『お知らせ第1弾』
さぁ、いよいよ来週日曜日は、
徳島LEDアートフェスティバルとともに、
「レコ部の、お世話になっております。徳島編。」開催です。
冗談伯爵(前園直樹さん&新井俊也さんによるユニット)のCD先行発売もあります。
そして、冗談伯爵のお二人の選曲による、
「お世話になっております。」Mix CDが貰えちゃう、
前売メール予約も、boruyamano@mail.goo.ne.jp で、
まだまだ受付中です。

当日のタイムテーブルはこちら。
【4/28徳島編タイムテーブル】
21:00 やまのぼる
22:00 前園直樹
22:45 常盤響
23:30 冗談伯爵(前園直樹ライヴ)
24:00 常盤響
25:00 前園直樹
26:00 B2B~終演(予定)
*若干変更の可能性がございます。

21時から、私がゆるゆると酔いながらのDJでお待ちしております。
お酒をのみつつ、レコード聴くも良し、おしゃべりするも良し、踊るも良し、
あるいは、LED並みに発光して頂いても構いません。
楽しみ方は、お客様の自由です。

osewa 1






















『お知らせ第2弾』
ゴールデンウィークの5月4日(土)、私、やまのぼる、
高知は、「LOVE JAMAICAN × DJ YOSHIZAWA dynamite.jp」へ、
お邪魔致します。

お客で遊びに行く予定だったのですが、
主催者様のご厚意で、レコードをかける時間を設けて頂きました。
ありがとうございます。
吉沢dynamite.jpさんの3時間ロングプレイが聴けるのも楽しみ過ぎますし、
高知のDJの方々の選曲も興味津々です。

吉沢さんの選曲は、本日の円盤、
オールドスクールなレオタード姿が眩しい、
エリアナちゃんの「サルサ・ボニータ」を彷彿とさせる、
ラテン寄りの選曲になるとのことで、
吉沢さんのMix CD「Latin Exercise C&D」が、
お好きな方は是非。
和モノ好きには、サザンオールスターズのみの選曲タイムもあるとのことで、
胸騒ぎの腰つきで、高知 LOVE JAMAICANへ集合!!

lovejama.jpg



















2013-04-21 16:23 | Oh!しらせ | Comment(0) | Trackback(0)
原ちゃん
hara.jpg





原 茂
オレンジ色の朝
1977年発売




「気分なの、気分が大事」とポピーズも歌ってますし、
Late 70's気分が醒めないうちに連続投稿。

1曲目の「夜の旅人」からノックアウト!!(原ちゃん最高)
続く「いつの日から」、六文銭時代の名曲「私の家」、「ひとりごと」
の3連発でセンチな気分。(泣かせるな原ちゃん)
かと思ったら、「ひとりごと」終盤でクールに疾走する展開にドキッ!!

鈴木茂、村上秀一、浜口茂外也、林立夫、岩沢兄弟(ブレバタ)、伊集加代子、
などなど、参加面子もゴイゴイスー。

2013-04-14 23:12 | 男男男 | Comment(0) | Trackback(0)
ジャケはボロでも恋は流星
ryusei.jpg





吉田美奈子
恋は流星 Part I・II
1977年発売




ここ数日の流れで、只今脳内、Late 70'sモード。
太子乱童「恋は流れ星」も大好きですが、こちらも大好きです。
ドライヴしながら聴きたい曲ベストテン第1位。
吉田美奈子で「恋は流星 Part II」。
でも、実はPart Iの方が好き。

2013-04-14 22:41 | 女女女 | Comment(0) | Trackback(0)
We Are 星くず
loft.jpg
V.A.
上村かをる
大高静子
高崎昌子
吉田佳子
竹内マリヤ
堤遥子
Loft Sessions Vol.1
1978年発売

今日は、久保田麻琴さんつながりで、
久保田麻琴と夕焼け楽団「星くず」の
上村かをるさんによるカバーが収録されている、
「Loft Sessions Vol.1」を聴いてます。

この作品に収録の、高崎昌子「こぬか雨」が、
レコ部では、おなじみですが、
本日より、「レコ部の、お世話になっております。」ツアー2013春が、
東京からスタートしました。
本日は、スナック馬場で皆さん盛り上がっていると思います。
来週末の水戸に続き、再来週は、いよいよ徳島に来て頂きます。

当日価格より300円安く、
「お世話になっております。」Mix CDまで頂けちゃうという、
お得な前売りメール予約は、
boruyamano@mail.goo.ne.jpまで、メールをお送り頂くか、
私に直接言ってもらえれば、OKです。

明日は、天気予報によれば、ぬくぬく春真っ盛りらしいので、
街へ繰り出し、光合成してきます。

osewa 1
osewa 2

日時:2013年4月28日(日)
午後9時より午前2時頃まで
(終演時間は若干延長となる場合がございます)
会場:soulsaucebar BUMP(徳島県徳島市栄町1丁目73)
DJ:常盤響/前園直樹/やまのぼる
ライヴ:前園直樹
出店:LOVE SHOP RECORD
料金:前売2000円/当日2300円(共に1ドリンク付)
前売予約:boruyamano@mail.goo.ne.jp

* ご来場記念:ミックスCD最新作
『お世話になっております。2013年4月。』
(選曲:前園直樹+新井俊也/非売品) を、
ご予約者優先で進呈いたします。
* 数に限りがございます。あらかじめご了承ください。

2013-04-13 20:21 | 女女女 | Comment(0) | Trackback(0)
夕焼けの人
machobouke 1

久保田麻琴
まちぼうけ
1972年発売

machibouke 2

昨年の阿波踊り最終日に開催されたイベント「カルナバル阿波」で、
司会、DJ、演奏と何役もこなしながら、
会場を走り回っていたのが、記憶に新しい久保田麻琴さん。
シークレットゲストとして登場した、
あがた森魚さんとの共演は、最前列で感動しながら聴き入りました。

その久保田さんの1stソロ作品「まちぼうけ」を酔っ払いながら聴いてます。
ほげーっとしながら聴くには、この上ない気持ち良い曲ばかり。
そんな中からオススメは、タイトル曲の「まちぼうけ」(1番で切れます)。

ほんでもって、なんと明日、4月14日(日)に、
久保田さんが原案、監修を務めた宮古島のドキュメント映画
「スケッチ・オブ・ミャーク」の上映に合わせ、
久保田さんの舞台挨拶、さらに上映後に会場を移し、
スペシャルライヴイベントもあるとのこと。

こりゃ行かないかんわ。

「スケッチ・オブ・ミャーク」予告編。


2013-04-13 02:45 | はっぴい | Comment(0) | Trackback(0)
寒暖かい
inamura 1

稲村一志と第一巻第百章
フリー・フライト
1977年発売

inamura 2

暖かくなったようで、朝晩は寒い。
職場周りでも、花粉症の地位を揺るがす勢いで、
風邪が蔓延しています。

本日の円盤は、これまたレコ部でもおなじみ、
稲村一志と第一巻第百章「フリー・フライト」です。
私がこの盤を知ったのは、
10年以上前のSHOW BOATレーベルの紙ジャケCD再発ラッシュのときでした。
買った当初は、70年前後のゴーゴー歌謡な音にハマってたこともあり、
いまいち印象の薄い作品だったんですが、
歳を重ねて、70年代後半の音に気分がジャストフィットしてからは、
かなりのお気に入りになりました。

今の季節は、A4「恋をするなら」が気持ちイイですね。


2013-04-11 22:22 | ぐるーぷ | Comment(0) | Trackback(0)
春はゆっくりと
ginga 1

銀河鉄道
銀河鉄道
1975年発売

ginga 2
さぁ、いよいよ春本番の4月。
今週末の東京から、
「レコ部の、お世話になっております。」ツアー2013 春
が、スタートします。

徳島編。は、4月28日(日)祝前日。
ご来場時に、「お世話になっております。」mix CDがもれなくもらえる
前売りメール予約も、boruyamano@mail.goo.ne.jpでモリモリ受付中です。
黄金週間だけあって、イベントもたくさんあるようですが、
ウキウキなレコード聴きながら、ゆっくりわいわい飲みましょう。

本日は、レコ部でもおなじみの、
「銀河鉄道」を聴ききながら、じんわりブログ書いております。
Side Aがたまらんですね。
柳田ヒロが編曲だとか、後藤次利、坂本龍一、村岡健なんかが
バックやってることもあるんでしょうが、
この季節に聴くと、幸福感がえげつないです。
特に「春はゆっくりと」。 のサビ。

「悲しいことは忘れられるの
 幸せの意味がわかってきてるから
 一枚の絵と一つの歌と二人をつなぐ指と
 このままでいたい・・・・・
 春はゆっくりと
 春はゆっくりと
 春はゆっくりと 歩いてく」

アコギがスガジャカ、ドドスタドラム、
甘いメロディに乗せ、甲高い声でこの歌詞歌われると、
女性とはとーんと縁が無い貧乏中年の私が聴いても
キュンキュンきます。
続く「珈琲マインド」から、
とどめの「銀河鉄道」への流れもまた最高。

4月28日は、こんな時間が一晩続くかと思うと、
楽しみ過ぎて白目むいちゃいます。

osewa 1osewa 2

2013-04-08 23:13 | はっぴい | Comment(2) | Trackback(0)
04
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
--
>>
<<
--
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。