スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-------- --:-- | スポンサー広告
はぐれDJ 泥酔派





藤田まこと
呑まんとおられへん
/笑わんとおられへん
1963年発売

真夏ぶり返し中の8月終盤、皆さん、手震えてますか~?

アル中同好会、じゃなかった、パチスロ同好会、でもなかった、
エッセンシャルエアラインズが、今週土曜日に迫っております。

7周年という記念のフライトに、光栄にも出演させて頂けることになり、
これまでのエッセンシャル出演時にかけられなかったアホ円盤が
徐々にマイルのように溜まってきているので、
その辺りを今回、活用したいと考えております。
でも聴いた人は、「いつも通りやん」て思うでしょうけど。

皆さんもぜひご一緒に、呑んで、笑って、踊って、歌って、帰って、寝て。

eal 201109

エッセンシャル エアラインズ
おかげさまで七周年~酒は飲んでも飲まれるなの巻~
2011年9月3日(土) PM 10:00 start
1,500円(1drink+搭乗のお客様に粗品差し上げます)
at soulsauce bar BUMP
(徳島市栄町1-73 トクビル3F) 
tel.0886561770

DJ:MURDER
  KUBO
  SHINNOSUKE
  やまのぼる

スポンサーサイト
2011-08-28 22:46 | Oh!しらせ | Comment(0) | Trackback(0)
夏の夜の勝






勝新太郎
夜を歌う
1968年?発売

昨夜、「須永辰緒の夜ジャズ」にお越し頂きましたお客様、
須永さん、MASARUさん、KUBOさん、
soulsauce bar BUMPのスタッフの方々、
誠にありがとうございました。

夜が更けるとともに、
熱気が増して行った昨夜でしたが、
須永さんの前の出番だったということもあり、
須永さん目当てのジャズ通の方々が集まりきった中での歌謡曲、
踊る人5人、笑う人10人、引く人70人という割合でしたでしょうか。
そんなことは承知の上での出演でしたので、
尾藤イサオ「ワークソング」~勝新「サマータイム」を、
熱唱しながらかけたときの幸福感は、
うれしくてうれしくて言葉にできない(by小田和正)状態でした。

そんなミスターKY(空気読めないじゃなくて、読まない)やまのぼる、
次回は、9月3日(土)の、
ESSENTIAL AIRLINES~墜落!?不時着!? 7周年の巻(仮題)~
に出演させて頂きます。
前回のEALは、踊る三島由紀夫、走るサンプラザ中野くん、
の登場で、えらいこっちゃな盛り上がりだったので、
次回も、それに負けないくらい盛り上げたいと思います。

EALでは、お盆以外でも皆、踊る阿呆です。


2011-08-16 00:59 | 男男男 | Comment(2) | Trackback(0)
ジャズの水中花






黒岩美代子
ポイ(POI)
/めぐり逢い
1966年発売

「あれもジャズ~ これもジャズ~
 たぶんジャズ~ きっとジャズ」
なんて替え歌を口ずさみながら、
あやまんJAPANより45年も前に、
ポイポイ歌ってた黒岩美代子のジャズ歌謡を聴いたりして、
夜ジャズに向けての選曲をしていたんですが、
雨トーークの男塾芸人を見てしまい、独眼鉄が乗り移ってしまったため、
「ジャズとはなんぞや、男とはなんぞや」
と、その答えを求めて、昨夜はBUMPのジャズパーティー
NIGHTCAPに行って来ました。

最初は独眼鉄を気取って、眉間にシワを寄せていた私ですが、
ビール1本飲んだら、そんなこと忘れて、
踊る阿呆となってしまいました。

そんな訳で、頭じゃなく身体でジャズを目一杯吸収したので、
明日の夜ジャズでは、楽しい選曲ができる気がします。

皆様、阿波踊りを観た後は、是非そのテンションで、
soulsauce bar BUMPへ、お越し下さいませ。

赤ら顔でお待ちしております。




2011-08-13 19:35 | ジャーズー | Comment(2) | Trackback(0)
ファズ音頭
young young




ザ・グリーメン
/ヤングヤング音頭
篠原三恵子・岩本典子
/にこにこおんど
1971年発売

いよいよ8月。
夏キターーーーーって感じで、テンションが上がり、
うちの70's扇風機も強で回りまくってます。

夜ジャズに向けて、
レコ屋やオークションを巡りたいものの、
金欠が甚だしいので、家掘りを続けているんですが、
私が持っている数少ないジャズと思うモノを聴き始めるも、
やっぱりジャズよりファズの方が性に合うようで、
気付くと、ファズ音頭をかけて、
一人盆踊りを始めてしまいます。

日本では、ニューロックなる音楽が全盛だった1970年前後は、
音頭までファズってたようで、
櫓の上には、鉄砲光三郎ではなく、ジミヘンが見えます。
ヤングヤング音頭ですから、
歌詞も、もちろんヤング ヤングを連発し、
それだけでは足りないのか、ポンまで付けて、
「もえる もえるよ 手足がもえる ヤング ヤング ポン!!」

こんなのばっかり聴いてるから、
私は夏バテ知らずです。(バカとも言う)


2011-08-04 23:04 | ニッポン民謡 | Comment(0) | Trackback(0)
08
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。