スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-------- --:-- | スポンサー広告
夏をムシ返せ!!
mistels 1





ミステルズ
ホノルルハワイ7日間
/ムシムシ音頭
2007年発売

残暑お見舞い申し上げます。
夏好きの私は、日焼けで腕の黒さが増すともに、
元気も増していってます。

昨日くらいから、朝夕が涼しくなってきて、
すぐそこに秋がスタンバってる感じですが、
終わりゆく暑い夏の夜を、
ムシムシするミステルズの名曲を聴きながら過ごしています。

カブトムシ、おじゃまむし、夜の虫(ハマクラの名曲です)、
ムシにはいろいろありますが、すべてのムシが踊り出す、
ミステルズの「ムシムシ音頭」最高ですね。

最高のR&B(アール&ビール)バンドによる音頭だけあって、
ルービーがゴクゴク止まらなくなるこの曲なんですが、
こんな曲で呑みながら踊り明かしたいな~、
なんて思ってたら、素敵なタイミングで、お呼びがかかりました。

9月4日(土)、いつもお世話になっておりますEssential Airlines、
しかも6周年記念の回に、出演させて頂けることになりました。

フライヤー画像などは近日中にアップということで、
ムシムシ音頭に加えて、アラレちゃん音頭、二十一世紀音頭、
ウッシッシ節、ナンセンス節、秋田荷方節などなど、
道端でカラッカラにひからびて死んでるセミもまた鳴き出す、
夏をムシ返す名曲揃えて待ってますので、
皆さん踊りに来ればええじゃないか。


スポンサーサイト
2010-08-23 19:11 | | Comment(2) | Trackback(0)
夏の風物詩
randou.jpg





太子乱童
愛の絶唱/恋は流れ星
1970年発売

お盆イェーイ。(特に意味はありません。)

徳島の夏の風物詩、阿波おどりも真最中ですが、
うちの家の裏は山なので、毎日セミが阿波踊り並みに騒がしいです。
「うちは都会だからセミの鳴く声も、とんと聴こえない」
そんな方には、これいかがでしょうか?

一部の好事家にはおなじみ、「愛の絶唱」です。
太子乱童という芸名(本名:塩川篤雄)も凄いですが、
歌はもーっと凄いんです。
なんでこれがオススメかというと、
序盤は美声で、去って行く恋する女性への想いを
歌い始めるのですが、彼女に逢いたい気持ちがピークに達するサビで、
乱童の声が豹変、セミ、それもアブラゼミボイスと化すのです!!

歌詞カード上では、
「きーみのーかわいいえがーおをー アー」
となってますが、実際の鳴き声は、
「キ"ィ~ミ"ィ~ノ”~カ"ァワ”ァイ”イ”エ”カ"ァ~オ”ヲ”~ カ"ァ~」
です。

これさえあれば、いつでも真夏の暑苦しさを体感できます。
アブラゼミよりも見つけにくいのは確かですが・・・。

(裏面のR&B演歌の名曲「恋は流れ星」も必聴!!)


2010-08-14 19:33 | | Comment(3) | Trackback(0)
燃えるゴミの日
punch 1




黒沢年男
/僕の恋人どこにいる
和久田竜
/パンチ野郎
1966年発売
punch 2punch 2punch 2

(今日の記事は総合格闘技に興味の無い方には、意味不明ですがすみません)

「うぉーーーーーーーっ!!!!!!!」

今日は、数年ぶりに燃えるゴミ、
燃える五味隆典を見ることができて興奮しております。
ファイト前のインタビューでは、
プスプス燃えないゴミ発言で、またかと思わせましたが、
寝技の無いタックラーには、やっぱ強かった。
今年のMMA1番のKOシーンに、冒頭の雄叫びを上げてしまいました。

最高だった今日の五味隆典には、この曲の2番の歌詞を送ります。
和久田竜「パンチ野郎」より
「命をかけて ぶっとばせ!! 金も出世もぶっとばせ!!
 先のことなどなんになる パンチ野郎は気にしないのさ!!
 生きているならぶっとばせ!!
 パンチ!! パンチ!! パンチ!! パンチ!! ヤッ ヤヤッ ヤッ!!」

BJとの再戦まで燃えるゴミでたのんます!!


2010-08-02 23:57 | 男男男 | Comment(0) | Trackback(0)
「喜劇 初詣列車」も観てネ
pinky 1







ピンキーチックス
祭コきた晩
/当節ドンパン節
1971年発売
pinky 2pinky 3

あっっっっっつ~い季節が到来しましたね。
自転車通勤の私は、腕だけ真っ黒に日焼けしてしまい、
太陽にほえろならば、「ウデクロ」という
真夏に登場し秋前に殉職する夏季限定刑事のような
ニックネームを付けられること必至の状態です。

ウデクロで思い出しましたけど、祭りの季節ですね。
「こども」「妖怪」「祭り」という、
小学生向け夏休み映画のようなジャンルが、
ここのところの3大好物なので、
今回は、祭り盤(若干妖怪盤)の中から1枚ご紹介。

田舎のゴールデンハーフといった面持ちの
「ヨッパラッタお嬢さん」で有名なガールズGS
「ピンキーチックス」の祭り盤です。

side A「祭コきた晩」は、
祭りで高まる男女のイロイロを
「どんだべ?」「えんだべ?」と東北弁で
唄うお色気ゴーゴー歌謡。

side B「当節ドンパン節」は、
ダメ家族を、姉、兄、母、父、爺、の順で
ドンパンドンパン紹介する、ドリフも真っ青なノリノリ民謡。

ちゅうかこのジャケ、カッコ良過ぎ。


2010-08-01 23:41 | ニッポン民謡 | Comment(0) | Trackback(0)
08
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。