スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-------- --:-- | スポンサー広告
ゴールデン歌謡劇場
takashima




高島忠夫
僕にも歌わせて下さい。
1975年発売


ええジャケですね。
控えめにグイグイ前に出て来る感じのタイトルも好きです。

高島忠夫のLP、なんかオモロそ、
そんな軽い動機で購入したわけですが、
全曲、編曲が三保敬太郎ということを買ってから気付き、
思わず聴く前からニヤけてしまいました。

サッシャ・ディスティル「モンボー・シャポー」(バンジョーが愉快)や、
「月光価千金」(うっすらロッキンアレンジで)などにも挑戦していますが、
これらのアップテンポな曲より、
本人作詩・作曲の「結婚しましょう」(若干スウィンギン)や、
みなみらんぼう「ウィスキーの小瓶」(ボッサやで)など、
ゆったりした曲の方が、声質との相性が良いです。

なーんて書いてきましたが、そんなの全部吹っ飛ぶくらい、
いっちばん良いのが、泉谷しげる「春夏秋冬」のカバーです。
三保敬太郎のピアノを前面に押し出した壮大なアレンジに、
忠夫の声がハマってて、もー感激。

思わず口から出た言葉は、

「イェーイ」


スポンサーサイト
2009-10-30 01:55 | ヤクシャ | Comment(6) | Trackback(0)
タニケイズム
tenikei.jpg




谷 啓
図々しい奴
/愛してタムレ
1963年発売

土曜日、オリエンタルソウルパラダイスにお越し頂いたお客様、
ジョーさん、蓬莱さん、津田さん、そして、RHBマスター、
ありがとうございました。

前半、久しぶりのイベントと酔い足らなさで、
考え過ぎの選曲をしてしまい、ダメだこりゃと思ったので、
誠に勝手ながら、
80's全日本プロレスに長州参戦~猪木による闘魂注入で、
我に返り、この「図々しい奴」で、面目躍如となりました。

では、皆さんもご一緒に、
「頭は~悪いし~ 金も~な~い~
 だけどいつでも しあわせさ~
 うじうじするの~は~大キライ!!
 図々しい奴と~人は言うけど~
 どうせこの世は押し一つ
 一押し二押し三に押し
 押せばできるさ やってみろ!!
 ヤレヤレヤレェー!!」


2009-10-25 23:28 | ヤクシャ | Comment(2) | Trackback(0)
パーティー行かなあかんねん
syuri 1
朱里エイコ
パーティー
1973年発売
syuri 4
syuri 2syuri 3↑おなじみドデカポスター


←見開きはお花とともに


明日、取り壊される海辺のお屋敷で夜11時から開かれるパーティー。
そのパーティーへ出かけるカップルの、
夜9時から明け方にかけて起こった出来事を、
朱里エイコがカップルの彼女目線で唄い上げる異色作。

全曲作曲が冨田勲というのも、この作品の大きな魅力の1つで、
歌謡曲の枠には収まらない、名曲だらけです。

南佳孝似の声の狂言回しに導かれながら、
着て行く服を迷ったり、彼氏にうっとりしたり、
友達とキャッキャッ言っていると、
昔の彼氏(不倫)と再会し、心乱れて踊り狂い、
「ディープパープルはどこ?」と叫んでみたり、
ドレスのまま海に飛び込んで、
「私は海藻」と、ゆらゆら揺れてみたり、
かなりフリーダムなお嬢さん。

明け方には、
「遊び疲れて眠る こんな毎日でいいのかしら」
なんて、寺門ジモン自答しながらも、
「でも誘われたら、また行くけどね。」
という、根っからのパーティーピーポー宣言で、幕を閉じます。


そして、そして、私事なんですが、
海辺のお屋敷ではなく、LOVEなホテル街の地下クラブで行われる、
素敵な音楽と酒と煙草と男と女のパーティー、
「オリエンタルソウルパラダイス」に、
またまたお呼び頂きましたので、見よ、告知コピペの術!!

oripara 2




第25回実演!
オリエンタルソウルパラダイス
10/24(土)
聖地・大阪日本橋R/H/Bにて
(http://sound.jp/rhb/)
TEL.06-6481-3901
PM11時より朝焼けまで





ディスクジョッキー:
ジョー (http://6809.teacup.com/joe/bbs)
ゲストジョッキー:
ホウライジュン(KOBE-Jazz Around Mind)
津田 隆(KOBE/SEDITIONAL JAZZ)
やまのぼる(とっくりおばけの円盤)

チャージ:1,000円(1ドリンク付き!)

今回のゲストジョッキーは、
お馴染み阿波のとっくらーに加え、
満を持して神戸よりの使者も参戦!
いつにも増して?お洒落な予感♪

その内容は・・・

これが無いと誰も納得しない・筒美京平コーナー!
昨今のアニソンブームに物申す・オリアニソンコーナー!
昨今の4ツ打ちブームに物申す(良く申すねぇ)・オリハウスコーナー!
等々、聴き応え充分!
濃い酒☆濃い音楽☆濃い面子☆に貴方も貴女もウィーシャバダバ♪
極東の楽園よりお届けする、
オリエンタルソウルの名曲の数々に泣いて笑って喧嘩して?
憎いよこのオリエンタルソウリスト!

ディスクジョッキーの面々ご紹介:Q&A
1.好きな食べ物 2.好きな女性のタイプ 3.座右の銘 4.将来の夢

ジョー
1.玉子焼き 2.イモくさくてボイン 3.虎穴にいらずんば虎児を得ず 
4.新地にボトルを入れる

ホウライジュン
1.鍋物全般 2.地方出身で都会で生きてる人 3.一曲入魂 
4.楽しく老いて行きたい

津田 隆
1.カレーライス 2.プライドのある人 3.子供はみんな妖怪です 
4.自分の箱を持ちたい

やまのぼる
1.ホットケーキ 2.樹木希林 3.やればできるかも 4.レコード店主

♪素敵なパーソナリティーですねぇ♪

来た人だけが得をする(反対語:来ない人は損をする)
こんなイベントが行われるのは、大阪日本橋R/H/Bだけ!

れっつ呑みに来えしょん♪


2009-10-16 23:16 | Oh!しらせ | Comment(2) | Trackback(0)
ちっちゃいことは気にすんな
sexshi 1
青山啓
OH,NUDE/
セックス氏の休日
1970年発売

sexshi 2

ザ・カーナビーツの野太い声担当、ポンタこと臼井啓吉が、
脱退後、浜口庫之助のもとで青山啓としてソロデビュー。

タイトルからして、斬新ですが、
1970年は、こんなのもアリな時代だったんでしょう。

ほとんど取り上げられることのない、A面「OH,NUDE」は、
神々しいNUDE にひれ伏し祈るという内容の荘厳な曲なんですが、
「オオ ヌード ヌード オオ ヌード ヌード
 オオ ヌード ヌード ヌード オオ ヌード ヌード ヌード
 オオ ヌード ヌード ヌード オオ ヌード ヌード ヌード」
何回ヌード言うねん!!と、ボケ気質の私も、
思わず突っ込みたくなるほどの、NUDE讃歌になっております。

そして、有名なB面「セックス氏の休日」は、
セックス氏が、日曜日の朝早くに、
しっとり朝露にぬれた「森」の奥へ行き、
セックス氏のふるさとである「湖」に飛び込み、
心にたまっていたものを洗い流し、
スッキリして若返り、帰って行くという内容を、
軽快な曲調に乗せて歌った、
深読み必死のセックスポップス。

さらに、曲間には、
「ワカヒコ ワカヒコ ワカヒコ ワカヒコ」
と、ゆってぃから遡ること約40年(少年隊から15年、ミカバンドから5年)の
ルーツ オブ くちワウギターが、ヌルっと挿入されています。

変な曲!!


2009-10-15 19:56 | 男男男 | Comment(0) | Trackback(0)
乾杯!トークそんぐ
aoki 1あおきあい
あなたに抱かれて
/四次元酒場
1987年発売
  あの榎本さんへの
 ↓ 直筆サイン色紙付↓
aoki 2

あれま? もう10月ですか??
たびたび気を失っていたので、気が付きませんでした。
どうりで髭が伸びるわけだ。

そんな浦島太郎気分な夜にはコレ。
あおきあいによって、80年代に、なんと計4回、
しかも全てB面で発売されてきた
スナックアンセム「四次元酒場」。

それを歌う、あおきあいは、自称 アンドロメダからやって来た異星人という、
小倉優子が会ったら「師匠」と呼ばないといけないような、凄いお方です。

夫である、八木康宏の詞も冴えまくってます。
「暗黒銀河の 炎の中で
 飲んで歌って恋をして
 踊り狂った あなたと二人
 あゝ夢か幻か 
 此々は現在 過去 未来
 此々は現在 過去 未来」

演奏は、ドゥンドゥン鳴るベースとエレキギター、
腰に来るというより、脊髄に来るシンセドラムという
80's演歌スタイルで。

名曲です。


2009-10-01 22:55 | 女女女 | Comment(0) | Trackback(0)
10
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。