スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-------- --:-- | スポンサー広告
POWER TO THE PEOPLE!!
マンジョキ 1マンジョキ 2内田裕也&1815
ロックンロールバンド
マンジョキロックンロール
/ジョキ安ブギ
1974年発売

先日放送された、シーナ&ザ・ロケッツの
HAPPY 30th ANNIVERSARYを観ていると、
異常にキレた動きで、ステージ中を所狭しと、
ビュン!!ビュン!!移動する金髪の人がいたので、
どこのスーパーサイヤ人かと思ったら、ユウヤ・ウチダでした。

万事に対して、ロックンロールを提示し続けるユウヤ氏は、
子供の主張を代弁するときも、
「言いたい事 言うぜ やりたい事 やるぜっ!!」
と、もちロックンロール!!

「ホタテのロックンロール」の原曲として有名なこの曲ですが、
破壊力は、ホタテマンでもかないません。

購入の際には必ず、ジョキ安ステッカーが付いてるかどうか、
チェックンロール、ヨロシク!!


スポンサーサイト
2008-07-29 22:43 | シェケナ | Comment(0) | Trackback(0)
赤青黄に竜巻かれ
ヒロ 1ヒロ 2
ヒロ 3


サンズ・オブ・サン
海賊キッドの冒険
1972年発売

見開きジャケットに写る、うつろな半目男のどこから
こんな素晴らしい曲が生まれたのか不思議ですが、
タイトル曲「海賊キッドの冒険」は、
海賊じゃなくても7つの海に向かって船出したくなる
爽快度100、夢心地度100、オウム度1、な大名曲です。

松本隆と柳田ヒロというエイプリルフールな2人の詩曲に、
僕を呼んでおくれとばかりに乗っかるMAOのマジカルボイスで、
「海は広いな~~大きいな~~」と歌われたら、
ウクレレ片手に、「幸せだな~」と手の甲に付け毛を付けて、
加山雄三ごっこをしたくなるに違いありません。

他にもオススメは、ザ・職人、瀬尾一三による
土曜の夜のパーティーソング「あの娘と二人」や、
「流れ者エレジー」「一人旅」といったゲンゴキソングがありますし、
ふわふわしてる間に、いつの間にか風街に連れて行かれる、
「雪あかり」「郊外電車」「なぞの曲馬団」あたりは外されへんしなー、
あ、「待ち合わせ」と「たそがれ」忘れてた、「ひとみに」もええなー、
って全曲です。


2008-07-25 20:04 | はっぴい | Comment(2) | Trackback(0)
可愛い女になりたいのけ?
可愛 1可愛 2

可愛和美
可愛い女になりたい
/愛はすべてをうばう
1970年発売

例えば、この曲、可愛和美の「可愛い女になりたい」を聴いていると、
この曲の前後に並べると相性の良い曲は何かと考えたりします。

シャルル・オンブル楽団の奏でるイントロの曲調と、
「あなたにもらったフランス製の・・・」と始まりの歌詞を歌う
可愛和美のちょいエコー声が耳に残ったとき、
筒美京平つながりというのを抜きにしても、
佐川満男「フランス人のように」を思い浮かべ、それを前に、
そして後には、佐良直美「丸の内の女」が合うかもなぁ、
なんて考えていると、25曲入りの選曲CDが3枚できました。

そして、それらを友人のお店のBGMとしてかけてもらえることになりました。

大阪は、なんば千日前、魅惑のレジャービル味園の2F、
小さなBarが、たくさん集まった昭和のままのフロアの一角にある、
素敵Salon Bar「フランス座」。
愛想と恰幅が良い石野ママが笑顔で出迎えてくれるので、
みなさん一度ならず二度三度、是非行ってみて下さい。

お店の情報は、リンク、*フランス座日記*をご覧下さい。


2008-07-20 23:05 | 女女女 | Comment(0) | Trackback(0)
三木鶏郎作
ジョージ 1ジョージ 2
アイ・ジョージ
阿波のついパッパ
/阿波踊り
1964年発売

アイ・ジョージといえば、金銭トラブル、ではなくて、
ドドンパを流行らせた第一人者ですが、
さすがのアイ・ジョージも、わが街、徳島を歌えば、
ドドンパじゃなく、ついパッパになってしまいました。

でも、ついパッパって何?
阿~波~のついパッパ~って歌ってるけど、ついパッパって何?

とにかく徳島は極楽、ええとこや~と紹介してくれている
歌詞だということは分かるんですが、リズムの指示なのか、
楽譜の上に、よしこの(Or samba)とあり、
曲を聴いたところ、
よしこののリズムのようでもないし、
ノリノリやけどサンバでもないし、
だから、ついパッパって何?


2008-07-16 19:39 | ニッポン民謡 | Comment(0) | Trackback(0)
洋酒レコ天国
とりす 1トリス 2とりす 3
トリス 4トリス 5 ↑V.A./
 Suntory CM Songs On Prade
 イラスト:柳原良平



←↑内容が予想できすぎて未開封のまま置いている
 お手軽シューティングゲーム「アンクルトリスの大冒険」
   

内容どうこうよりも、柳原良平のイラストで大満足なピクチャー円盤。

7inch盤より大きく、10inch盤より小さいという、
中途半端過ぎる大きさのため、
市役所の横のビルの3階にあるレコード屋で、
レジ前のEP盤のコーナーの中ではなく上に、
店員が無造作にぽそっと置いたところを手に取ってビックリ、
裏返したらピクチャー盤でドッキリ。

内容は、1959年から1978年までのサントリーのCM曲を18曲収録。
ハマクラから、クニ河内、野坂昭如、サミー・デービスJr.、加山雄三と
錚々たる顔ぶれのなかでも、ヤング101によるサントリーレッドのCM曲、
「花咲爺さん」がポワポワしてて好きです。


2008-07-11 18:57 | サントーラ | Comment(0) | Trackback(0)
ハンマー カンマー
マンダム

斎藤任弘
マンダム~男の世界
/あと25分
1971年発売
マンダム 2


←着るだけでマンダムな
 ブロンソン柄シャツ

今年の流行語大賞は、ハリウッドザコシショウの
「ハンマー カンマー」に決定と、勝手に思っていますが、
1970年に流行ったのは、「う~ん、マンダム」のマンダム~男の世界です。

ただ、ご紹介するのは、ブロンソンでもジェリーウォレスでもなく、
"日本のジョニーキャッシュ"斎藤任弘が唄う、日本語マンダムです。

ジェリーウォレス盤のような、アメリカ男の豪快さではなく、
風呂場のエコー感漂う歌声が、日本のオヤジのコンパクトさを感じさせて、
う~ん、マンダム。


2008-07-06 18:16 | 男男男 | Comment(2) | Trackback(0)
07
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。