スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-------- --:-- | スポンサー広告
未来の国からこんにちわ
20070630033431.jpg

記念すべき、第1枚目の円盤は、佐良直美さんの「二十一世紀音頭」です。
1970年に発売されたと思われるこの円盤。
佐良さんが、これから訪れる21世紀へ想いを馳せて唄ってはります。

佐良さんの下の二人の目線は、21世紀を見つめている。
のかと思いきや、お二人(鈴木正夫さん、小杉真貴子さん)が唄っているのは、
タイトルもそこはかとなくサイケな「昭和元禄ばやし」。

嫁もしゅうとも おやじも孫も
お手々つないで レッツゴーダンス
昭和元禄 小判がザクザク
月も地球も 花ざかり 花ざかり

と、二十一世紀はどこえやら、今しか見てない感じでノリノリ天国です。
当時のお祭り感が伝わって来ます。

さて、佐良さんの「二十一世紀音頭」ですが、
見開きジャケットを開いて見ると、民謡レコードにはおなじみの、
振付けがついてますよ。
20070630035905.jpg

「新しいファミリーダンスです。
 このダンスはコンパクト型式ですから、場所の制約がありません。
 だからゴーゴーダンスのように、どんなせまいところでも楽しく踊れます。
 なお、このダンスは曲のどこからでも踊れますが、
 唄のはじめから入るのが一番判り易いでしょう。」

だそうです。
どこからでも踊れるのは、踊る人のさじ加減だと思いますが、
よく見ると、今、流行りのビリーに似た動きも出て来ますので、
この踊りは、流行るかも知れませんね。
ただ、テンポが10倍くらい遅いので、じんわり汗をかく程度です。

2番の歌詞で、佐良さんは、こう唄ってます。

これから三十一年たって
この世は どうなっているの
火星に金星 遠くの星に
旅行に出かけて いるかしら

現実では、21世紀になっても、火星や金星への旅行は叶わず、
引田天功がちょっと宇宙に飛び出したくらいですが、
こういう、いい感じに脱力する歌詞が好きです。

てなわけで、第1枚目の円盤、いかがだったでしょうか?
実際聴くと、やんわりと踊り出したくなる名曲なので、
みなさん是非、レコード屋で見かけたら買わなくてもいいので、
手に取ってニヤニヤしましょう。

それでは、次の円盤へ、ゴーゴー。


スポンサーサイト
2007-06-30 04:33 | ニッポン民謡 | Comment(2) | Trackback(0)
ヤッポン!!
音楽を聴く事は、旅をするのと似てますね。
最初のうちは、ガイド本を片手にウロウロ。
慣れてくると自分のお気に入りの場所が見つかって、
あとはガイド本に載ってない穴場を見つけるのが快感に・・・。

音楽の場合、国内、海外はもちろん、
時間旅行まで楽しめてしまいます。
そんな音楽旅行をするうちに、いつの間にか、
辿り着いた、1970年前後のニッポン音楽の世界。

これは、狭くて深いニッポンの旅行記です。


2007-06-27 03:55 | はじめまして | Comment(0) | Trackback(0)
06
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
--
>>
<<
--
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。