スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-------- --:-- | スポンサー広告
見つめるキャッツアイ
cats.jpg





 ブラック・キャッツ
 なぜ黙ってるの
 /恋の指定席
 1960年発売

ハマクラ作「黄色いサクランボ」でおなじみの
スリー・キャッツに対して、
お色気具合でも勝ってる感のあるブラック・キャッツ。
ジャケはドリーム・ガールズ風、
しかし、情報が無さ過ぎるミステリアス・ガールズ。

ラブチェアのビクターマークがイカしてる
「恋の指定席」が、うふ〜んなお色気で迫る
ラテンコーラス歌謡で、やはりオススメです。

作編曲は、リズム歌謡の生みの親、
吉田正大先生であります。

スポンサーサイト
2014-03-13 20:21 | 女女女 | Comment(0) | Trackback(0)
カリプソ娘
booboo.jpg




 
 浜村美智子
 島の女
 /ママはブーブー
 1957年発売

ハリー・ベラフォンテの「Mama look a Boo Boo」のカバー、
「ママはブーブー」が秀逸な、浜村美智子盤。

浜村盤の日本語詩部分は、
金持ちになるのを夢見る子供の歌ですが、
原曲は、自分の子供にバカにされてる
ダメおやじの歌のようです。

1957年作品ですが、
今聴いても格好良い、カリプソ歌謡で、
浜村美智子自身の野性的な
容姿と歌声も唯一無二。

浜村美智子なら監獄ロックかな、
『ROCK de NOTHING 』は今週土曜!!

rock de nothing 


 ■2014/3/8(土曜日)
『ROCK de NOTHING 』
 at bar txalaparta
 OPEN/START 22:00
 2,000yen/w1d
 -guest dj-
 キング ジョー (SOFT,HELL!)
 -djs-
 ko-chang
 T-03
 やまのぼる

2014-03-05 17:42 | 女女女 | Comment(0) | Trackback(0)
ぼっさのば
musume.jpg





 谷ヒデコ
 東京ボッサノバ娘
 /楽しいデイト
 1963年発売

ボサノバであるかどうかは置いといて、
名曲「ブラジル」のフレーズが使われ、
陽気な娘であることは、びんびん伝わってくる、
谷ヒデコ「東京ボッサノバ娘」。

インパクト大なSide Aに隠れてますが、
Side Bの若干ゆったりしたリズムの「楽しいデイト」が、
よくできたサンバ歌謡で、かなりの名曲。

作曲の鈴木庸一の手腕が光ります♪

ロックもボッサも何でもあり、
『ROCK de NOTHING 』は今週土曜!!

■2014/3/8(土曜日)
『ROCK de NOTHING 』at bar txalaparta
OPEN/START 22:00
2,000yen/w1d
-guest dj-
キング ジョー (SOFT,HELL!)
-djs-
ko-chang
T-03
やまのぼる

2014-03-03 19:40 | 女女女 | Comment(0) | Trackback(0)
私の中に夜がある
isogu.jpg





 ちあきなおみ
 夜へ急ぐ人
 /海のそばで殺された夢
 1977年発売

1977年の大晦日の紅白で歌われ、
年越しの茶の間をざわざわさせた、
ちあきなおみ「夜へ急ぐ人」。
作詩作曲は友川かずき、編曲は宮川泰。

ちあきなおみのパフォーマンスの迫力(特に間奏の唸り声)が凄くて、
そちらに吸い込まれますが、演奏も、ベースはブンブン、
ドラムもブラスもファンキーで、カッコイイんですよね。

明日は、これかけてチャラパルタを
ざわざわさせたいと思います。

とうわけで今週末、「おいで おいで〜」
と、各所でお待ちしております。

wabisabi.jpg





 
 ■2014/2/21(金曜日)
『What Beat, Sad Beat』
  at bar txalaparta
 OPEN/START 22:00
 1,000yen/w1d
 -djs-
 HOURAI JUN
 kubo
 やまのぼる


beradada.jpg



 ■2014/2/22(土曜日)
 ベジキッチン歩菜
 2nd anniversary event
 ”野菜×音楽” ホナ☆アソビ vol.4
 『ベラ アンド ダダ』
 at ベジキッチン歩菜
 OPEN/START 18:00
 -djs-
 ベラとダダとやまのぼる


2014-02-20 19:43 | 女女女 | Comment(0) | Trackback(0)
べガス仕込み
license.jpg




 朱里エイコ
 恋のライセンス
 /ミスター・スマイル
 1971年発売

1972年の「北国行きで」が大ヒットする前年に、
2度目の渡米から帰国した朱里エイコ盤。

2年間の海外活動の成果が発揮された、
「I got a feeling」な洋楽志向の曲なので、
当時の日本ではヒットするはずもありませんが、
今となっては、それが古さを感じさせない強みになってます。

「イエ・イエ」で朱里エイコを知った方には、
オススメできる渋い名曲。

今週末は、ドゥ・ザ・ハッスル!!

wabisabi.jpg







 ■2014/2/21(金曜日)
『What Beat, Sad Beat』
  at bar txalaparta
 OPEN/START 22:00
 1,000yen/w1d
 -djs-
 HOURAI JUN
 kubo
 やまのぼる


beradada.jpg




 ■2014/2/22(土曜日)
 ベジキッチン歩菜
 2nd anniversary event
 ”野菜×音楽” ホナ☆アソビ vol.4
 『ベラ アンド ダダ』
 at ベジキッチン歩菜
 OPEN/START 18:00
 -djs-
 ベラとダダとやまのぼる

2014-02-19 18:49 | 女女女 | Comment(0) | Trackback(0)
<Prev
03
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。