スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-------- --:-- | スポンサー広告
珍念のゴーゴー
chinnen.jpg





 白木みのる
 あゝ修身
 /珍念のタンゴ
 1970年発売

児童用と書かれた、修身の教科書を持っても、
違和感が無い白木みのる盤。

「あゝ修身」というタイトルから、
お固い道徳ソングかと思いきや、
タツノコソングで知られる和田香苗作曲、
ソウルメディアなどで活躍の荒川康男編曲による、
破壊力抜群のコミカルゴーゴー。

逆にSide Bの「珍念のタンゴ」は、
面白さを期待して聴くと、
15歳で12歳の花ちゃんに恋する、
純愛タンゴで、ちょっと拍子抜け。

3月中に遊んどけってことで、急遽決定、
和モノパーティー『What beat, Sad beat』は、
来週木曜(祝前日)。

■2014/3/20(木曜日、祝前日)
『What beat, Sad beat』at bar txalaparta
OPEN/START 22:00
1,000yen/w1d
-djs-
TKG
やまのぼる

スポンサーサイト
2014-03-14 20:08 | ゴーゴー | Comment(0) | Trackback(0)
第一形態
kanna.jpg





 はつみかんな
 恋のタッチ・アンド・ゴー
 /ふたりぼっちの風
 1969年発売

はつみかんな、麻まにか、しばたはつみ、
という出世魚のような芸名変化を辿った、しばたはつみ。
まだ16歳という若さながら、歌の上手さが桁違いの、
はつみかんな時代2枚目。

前作「恋と海と太陽と」に続く、
Side AのシャカリキGSビート
恋のタッチ・アンド・ゴー」が人気ですが、
隠れR&B歌謡の傑作Side B
「ふたりぼっちの風」を強烈にオススメ致します。

明日、絶対かける、
『ROCK de NOTHING 』は明日、土曜夜!!

rock de nothing


 ■2014/3/8(土曜日)
『ROCK de NOTHING 』
 at bar txalaparta
 OPEN/START 22:00
 2,000yen/w1d
 -guest dj-
 キング ジョー (SOFT,HELL!)
 -djs-
 ko-chang
 T-03
 やまのぼる

2014-03-07 22:42 | ゴーゴー | Comment(0) | Trackback(0)
ドロドロック
purupuru.jpg





 
 ハニー・牧
 プルプル
 /愛のタクト
 1969年発売

前年に発売された中尾ミエ「恋のシャロック」の
泥棒(パクリ)歌謡として有名な、ハニー・牧「プルプル」。
「恋のシャロック」もBooker T.& The MG's「Green Onions」の
泥棒歌謡なので、泥棒の泥棒、ドロドロ歌謡になりますね。

ドロドロではありますが、ハニー・牧の容姿と、
どうにも止まらなくなる前の
山本リンダ〜ゴールデン・ハーフ的な、
キュートハーフお色気歌唱で、
かなりの名盤であることは、確かです。

Side Bの「愛のタクト」も、
ピッチ+4くらいで聴くと、ツイスト踊れる、
お色気ロックンロール歌謡になります。

踊れりゃいいじゃん、
『ROCK de NOTHING 』は今週土曜!!

rock de nothing


 ■2014/3/8(土曜日)
『ROCK de NOTHING 』
 at bar txalaparta
 OPEN/START 22:00
 2,000yen/w1d
 -guest dj-
 キング ジョー (SOFT,HELL!)
 -djs-
 ko-chang
 T-03
 やまのぼる

2014-03-06 23:42 | ゴーゴー | Comment(0) | Trackback(0)
亜星ゴーゴー
ozuki.jpg




 小月リエ
 サニー・ボーイ
 /スイング・ガール
 1968年発売

市松柄のミニスカワンピでメットを抱え、
砂浜に仁王立ちの小月リエと日産サニー。

サニーに乗ってる彼と太陽浴びて恋の爆走デートな、
Side A「サニー・ボーイ」、
四季折々、デートに行っては素振りする女子の歌、
ではなくて、彼氏とのデートでハシャいでる女子の歌、
Side B「スイング・ガール」。

両面とも、小林亜星作曲の
エレキが調子良いノリノリモッド歌謡。

ミニスカレディも大歓迎、
『ROCK de NOTHING 』は来週土曜!!

■2014/3/8(土曜日)
『ROCK de NOTHING 』at bar txalaparta
OPEN/START 22:00
2,000yen/w1d
-guest dj-
キング ジョー (SOFT,HELL!)
-djs-
ko-chang
T-03
やまのぼる

2014-03-01 01:03 | ゴーゴー | Comment(0) | Trackback(0)
ズンタタ ズンタタ
emy.jpg





 エミー・ジャクソン
 天使のいたずら
 /ワン・ウェイ・キッス
 1966年発売

前年に「涙の太陽」をヒットさせたエミー・ジャクソンの、
初めての日本語歌唱曲「天使のいたずら」。

バックは、GSとして売り出し始めた、
ジャッキー吉川とブルー・コメッツによる、
和製モッドな雰囲気の演奏で、
ミニスカゴーゴーガールが、ズンタタ ズンタタ踊る光景が、
目に浮かびます。

このとき二十歳というエミー・ジャクソンの
マダム感溢れる貫禄は、みしりと育まれた
毛量のせいでしょうか。

ゴーゴー喫茶な感じもいいかも、
来週土曜は『ROCK de NOTHING 』。

■2014/3/8(土曜日)
『ROCK de NOTHING 』at bar txalaparta
OPEN/START 22:00
2,000yen/w1d
-guest dj-
キング ジョー (SOFT,HELL!)
-djs-
ko-chang
T-03
やまのぼる

2014-02-27 19:01 | ゴーゴー | Comment(0) | Trackback(0)
<Prev
03
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。