スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-------- --:-- | スポンサー広告
昇天コーラス
kalua.jpg





 ザ・カルア
 朝陽のスキャット
 /しあわせの訪れ
 1971年発売

暖かいというだけで、気分が高まってます。
高まりついでに、ザ・カルア。
フィフス・ディメンション、B S&T、セルメンなどの曲を
レパートリーにしていたという、慶応の学生バンド。

「若者よ 羽ばたけ」という、
新年度の季節に相応しい歌詞で始まる
上昇コーラスソフロのSide A「朝陽のスキャット」、
緩やかな始まりからSide Aにも増して
さらに上昇するSide B「しあわせの訪れ」、
と、両サイド高まりっぱなしの昇天盤。

コーラスも素晴らしいですが、
三保敬太郎の曲があってこそです。

しあわせの訪れ「beber」は、
週明け月曜夜8時♪

最終回分も含めた、「キルラキルset 更改」も、
ご用意しております。

beber 2



■2014/3/31(月曜日)
『beber』at bar txalaparta
 OPEN/START 20:00
 1,000yen/w1d
 -djs-
 ベラとダダ
 NOLO
 kubo
 やまのぼる

スポンサーサイト
2014-03-28 20:12 | こーらす | Comment(0) | Trackback(0)
エミとユミ
feeing.jpg






 ザ・ピーナッツ
 フィーリン・グッド!
 <ピーナッツの新しい世界>
 1970年発売

ザ・ピーナッツによる、
Side Aはバカラック、Side Bはニュー・ボッサの
全編英語歌唱カヴァー盤。

曲は「恋よさようなら」「雨にぬれても」「小さな願い」
「モーニン」「スピニング・ホイール」「ミッシェル」など、
おなじみの曲ばかりですが、
編曲の宮川泰&クニ河内、コーラスのフォー・メイツの参加によって、
シビれるアレンジなってます。

特にSide Bラスト、「祈り組曲」と題された、
「祈り」「コンスタント・レイン」「君に夢中」
「イパネマの少年」のメドレーの高揚感は鳥肌モノ。

2014-01-19 19:43 | こーらす | Comment(0) | Trackback(0)
ハモメンズ
time 5






 
 TIME 5
 ディス・イズ・タイム 5
 1970年発売

楽器も弾けるコーラス・グループTIME 5の洋楽カバー盤。

こちらも前回の伊東ゆかり同様、全編英語歌唱で、
バカラック、ジム・ウェッブ、フランシス・レイなどの
おなじみのヒット曲を、美しいハーモニーで、
カバーしてくれています。

今日みたいな、爽やかに晴れた朝に聴いていると、
副交感神経が刺激され、リラックスが止まりません。

つまり、眠くなっちゃったので、また寝ます。

2014-01-18 09:54 | こーらす | Comment(0) | Trackback(0)
やさしいやつ
love.jpg





 
 伊東ゆかり
 グリーン・ジンジャー
 LOVE
 1971年発売

伊東ゆかりとグリーン・ジンジャー(岡崎広志、伊集加代子、東海林修)、
プロデュースは村井邦彦&川添象太郎、
演奏は、飯吉馨、江藤勲、荒川康男、石川晶、神谷重徳、etc、
という最強に近い面子で作ったやさしいやつ。

世界標準を目指したということもあり、
全編英語歌唱、ジョン・レノン、ジョージ・ハリスン、
カーペンターズ、C,S,N,Y、エルトン・ジョンなど、
当時の洋楽ソフトポップスヒットをカヴァーしています。

しかし、これらの曲のクオリティーに勝るとも劣らない、
東海林修と村井邦彦によるオリジナル、
「GREEN GINGER FLYING」「AND NOW I KNOW」の2曲が
本当に素晴らしいです。

ジャケのアートワークも素晴らしいので、
ぜひLPで手にして頂きたい作品。

2014-01-16 18:13 | こーらす | Comment(0) | Trackback(0)
ダガジグダンダラン
yamadera.jpg





ダーク・ダックス
山寺の和尚さん/かっぽれ/
木挽の力さん/陽気な機関助手
1957年発売

さっき家の2階から、
お盆に食器を乗せたままの状態で足を滑らし、
階段をおしりで、ダ!!ダ!!ダ!!ダ!!ダ!!ダ!!ダ!!
と、1階まで落っこちました。

尾てい骨が砕け散ったかと思いましたが、
砕け散ったのは茶碗だけで、
何とも無かったです。
変に腕とか着かなかったから、
良かったのかも知れません。
明日の朝、動けなかったら、また報告します。

老いの話しは置いといて、
ダーク・ダックスです。

50’sの日本ジャズ歌謡というのか、
服部良一の名曲を、スマート&ファニーなスタイルで、
歌っています。
DJイベントに呼ばれたときは、
度々、かけていますが、
お客さんの反応は、盛り上がるというより、
にやける人が多数です。

それが目当てなので、思惑通りなんですけど。

2013-11-18 22:23 | こーらす | Comment(0) | Trackback(0)
<Prev
05
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。